カテゴリー「選挙・日本共産党」の135件の記事

2017年3月23日 (木)

泉州市民連合の泉大津駅、市民共同宣伝

今日で市議会第1回定例会が終わりました。その後、議員総会や打ち合わせなど・・・

それらのご報告は、またおいおいしていきますsign01

今日の夕方6時半から、泉大津駅ではじめての泉州市民連合 downwardleftの市民共同宣伝・・・

市民弁士の元看護士の方から、各党の代表まで順にマイクを握ってのリレースピーチkaraoke

日本共産党からは18区の小選挙区候補のやの忠重さんがあいさつしました。

泉州市民連合の泉大津駅、市民共同宣伝

それぞれの話は、社会保障の問題から憲法9条、原発、森友問題などなど・・・

安倍政権が進めてきた危うい政治の流れを、野党共闘、市民の力で、みんなの力であたり前の政治を取り戻そうと、思いのこもったお話ばかりでした。

すっと寄って来て話を聞いていた若い人や、ちょっと遠めに聞いている人など・・・

まだまだこれから少しづつですが、この泉州からも大きな広がりうねりになっていけばと願っていますsign03

2017年2月 5日 (日)

党と後援会の泉大津・新春のつどい…宮本たけし衆議院議員も駆けつけてくれました!

この週末、昨日は『泉大津生活と健康を守る会』の新年会の冒頭であいさつをさせて頂き・・・karaoke

 

ゆっくりみなさんと懇談したかったんですが・・・急いで岸和田へcar

 

『いずみ 教育フォーラム』に参加するためsign01

 

大阪で行なわれているチャレンジテスト・・・昨春から導入され、中学校はsign02 高校入試はどうなるのかsign02 

 

テスト結果により中学校がランク付けされ、その結果に基づき生徒の内申書が・・・いろいろと問題があり、具体的な声なども紹介されました。

 

この内容についてはもっとしっかり把握した上で、またの機会にご報告したいと思います。

 

そして、今日は泉大津の『日本共産党と後援会の新春のつどい』へsign01

新春という時期からはちょっと遅くなりましたが、選挙などいろいろあったので・・・

 

私も市政報告をさせてもらい・・・どんな市長になっても市民の暮らしの立場で、「良い事はいい、あかん事はアカン」と言っていく事にこれまでもこれからも変わりはありませんと・・・

 

国会で忙しい中、宮本たけし衆議院議員も駆けつけてくれ国会報告・・・run

長年求めてきた給付制奨学金、ようやくやると言うが「みみっちい」と・・・そして「必要とする生徒を選別するようなことはやめろ」と・・・

 

「トランプ大統領への手土産やリニア新幹線にだす巨額のお金は、年金積立金やなんやとジャブジャブ使うのに・・・それと比べたらわずかで、もっと給付制奨学金にまわせ」とangry

 

「どこまで『アメリカいいな』『財界奉仕』の政治を続けるのかsign02

 

「ここを変えなければ国民はいつまで経っても二の次、三の次」・・・wobbly

 

本当におかしいし矛盾している、会場からも「そんなんおかしい」と掛け声が・・・

 

あさっては文部科学省の官僚天下り問題で集中審議があり、TV中継も入って質問に立つということで、その準備のため、あいさつ後すぐに関空から東京にと言ってました。

 

各地域の後援会からは、沖縄に連帯する訴えから、しんぶん赤旗の宣伝をモチーフにした漫才やコント・・・happy01

 

ズンドコ節の替え歌に民謡、みんなで「憲法9条五月晴れ」そして最後は「がんばろう」を歌っての楽しいひと時でした。

 

みんなで元気に楽しくがんばって、政治を変えようsign03

2017年1月 4日 (水)

今日から~始動!

昨日、実家から帰ってきました。car 

1年ぶりの帰省でお正月は少しゆっくり出来ました。

妹の夫さんと飲みすぎて・・・wobbly 

運動不足と食べ過ぎ飲み過ぎの解消に、元日から2時間歩きrun、近くの妙興寺では意外な発見があったり、地元について知らないことを発見・・・shine

やっぱり何でも歩かないとだめですね~

そして、今日は田立議員と議員団として、新年のごあいさつまわり・・・car

小さな泉大津市といってもさすがに歩くのは無理なので、市内をぐるっと宣伝カーで回りました。

何人かの方が手を振ってくれたり、わざわざ出て来て拍手で迎えてくれる人もあり、とても励まされました。happy01

今年は、昨年の参議院選挙で大きく進んだ野党共闘を大きく前進させることができるかどうか・・・

今日から~

野党の共闘が強調されますが、安保関連法強行からさらに進んだ学生やママたちの主体的な市民の行動・・・

これまでいわゆる無党派と言われてきた市民との共同の取り組みが進んだから他なりません・・・happy01

今年は党創立95周年の年、命がけで戦前から戦争反対、平和を守る取り組みを進めた日本共産党・・・

ブレずに頑固に平和と暮らしを守るために頑張りますsign03

2016年12月21日 (水)

「活気ある会」の声明・・・泉大津市長選挙の結果について

市内の各種団体、政党としては日本共産党も参加しています「市民とともに活気ある泉大津市政をつくる会」が市長選挙の結果についての声明を出しました。

このブログで掲載し、選挙でお世話になったみなさんへのお礼と報告とさせて頂きます。


この度の市長選挙で、日本共産党も参加する「市民とともに活気ある泉大津市政をつくる会」(略称「活気ある会」)は現職の伊藤晴彦氏を自主的判断で支援しましたが、残念ながら当選には至りませんでした。これからも選挙中に訴えてきた「暮らし第一の市政」をめざし、皆さんとともにがんばります。以下は選挙結果を受けた「活気ある会」の声明です。


 12月18日投票の泉大津市長選挙で、私たち「市民とともに活気ある泉大津市政をつくる会」(略称「活気ある会」)は、現職の伊藤晴彦氏の当選をめざし、自主的に支援してきましたが、下記のとおり残念な結果となりました     

伊藤晴彦 10207票    当 南出賢一 13575票 

支援していただきましたみなさん、本当にありがとうございました。 

 伊藤市政は、この4年間、子育て・高齢者支援、市立病院の改革など、豊富な実績を積み上げてきました。市民参加で策定した「第4次総合計画」に掲げた市の将来像、「住めば誰もが輝くまち泉大津」をめざす政策として、現職としては泉大津市政史上初めてといえる市民本位の公約を打ち出し、再選をめざしました。一方、相手候補の前市議は、立場を超え幅広い期待と支援が広がる伊藤市政に対し「共産党市政」のレッテルをはり、議会では「市立病院民営化」を主張してきたにも関わらず、選挙戦の中では「市立病院の存続のための経営改善」と叫びました。

 私たち「活気ある会」は、いとう後援会と相互交流、相互支援はありながらも、独自の「願い」を掲げながら伊藤氏を支援しました。 第二期伊藤市政はなりませんでしたが、選挙戦の中で、市民に市民本位の実績と公約を伝え、市政の進むべき方向を示すことができたと思います。これは、新市長の下で、私たちが今後いろいろな問題に取り組んでいくとき、大きな足場となるものです。 また、市内の様々な団体・個人のみなさんと、ともにたたかう中で、相互理解やつながりが深まりました。中小企業のまちでもある泉大津を「誰もが輝くまち」にかえていくうえで、大きな財産ともなりました。 
 私たち「活気ある会」は、「誰もが輝くまち」をめざし、今後ともがんばっていくことを表明し、お礼といたします。

2016年12月20日
市民とともに活気ある泉大津市政をつくる会

2016年12月18日 (日)

泉大津市長選挙の結果!

今日、投票日を迎えた泉大津市長選挙sign01

朝一番に18歳になった子どもと妻と3人で投票所へ・・・

最終版、伊藤市政へのこの4年間の評価と広がりを感じてきましたが・・・

結果は、22時17分clockに確定。

南出けんいち 13,575

いとう晴彦   10,207

私たちとしては残念な結果となりましたが・・・

市民のみなさんが選んだ結果はしっかりと受け止めなければなりません。

投票率は前回より少し上がったものの40%に届かない39.30%、今回も低投票率にsweat01

市民のみなさんの市政への関心をもっと高めていく努力も必要です。

この4年間で培われた市民参加型の市政、市民目線で市民と共に歩む市政の方向性は不変のものでなければなりません。shine

切実な市民のみなさんの願い実現に向けて、さらに頑張っていかなければならないという思いになった一日になりましたsign03

2016年12月17日 (土)

いよいよ明日が泉大津市長選挙の投票日!

今週末は一気に冷え込んできました。今日も寒い1日でしたsign01

いよいよ明日が市長選挙の投票日・・・各候補者カーからの訴えにも力が入り、寒さを吹き飛ばし熱くなっていることでしょう。

我が家のすぐ横の大津川の堤防から下流を見た写真camera・・・堆積していた土砂がきれいに取り除かれました。happy01

津波や洪水対策として、私も直接大阪府に対してや、議会でも何度も取り上げてきた堆積土砂の問題・・・

伊藤市長からも、なかなか一気には進まない泉大津駅西側の開発ばかり大阪府が言うので、すぐにでも出来ることとして大津川のこの問題もあることを指摘をして対処を求めていたと聞いています。shine

その後、特に駅西側の狭くなって危険な道路の問題も、まだ具体には発表できないようですが進んでいるようです。

一気には出来ませんが、一歩ずつでも着実に出来ることを進めていく。

それは市政全般についても同じことで、それも常に市民の声であったり、市民目線eyeで行きたいと・・・

そして、どの政党だからとか、どの団体だからとか関係なく、どこがだれが言っていようが市民にとって良いことはやっていくし、是々非々できたこの4年間の伊藤市長候補の立場を超えたやり方に共感が広がっています。flair

この4年間、相手候補は予算決算に全て賛成してこられました。

たった一人で反対したのが、市立病院を公設公営で存続を決めた時でした。

伊藤市政について「停滞」しているだとか、異を唱え対抗する道理も立場もないと思うが、あるとすれば病院の運営に関わってだけ・・・それも選挙になると「病院はなくしません」と言い出し「守る」とまで言っています。

明らかに争点をぼかし、市民を欺くものではないでしょうかsign02

市民のみなさんの良識ある審判を期待していますsign03

2016年12月14日 (水)

市立病院は公設公営だからこそ意味がある。

昨日は冷たい雨の降る1日となりました。rain

午前中は急な相談が入って、要池住宅を訪問していました。

市長選挙ははじまっていますが、相談は待ってはくれないので・・・中にはすぐに対応できず、待ってもらっていることもありますが・・・sweat01

その府営要池住宅で、街頭宣伝をする伊藤晴彦市長候補(現職)karaoke

窓から手を振ってくれる人、わざわざ出てきてくれる人、中には「70人には声をかけてるで」と言ってきてくれる人も・・・

その片は、「やっぱり病院は守ってもらわないと・・・」と力を込めて言ってましたsign01

今度の一番大きな争点はやっぱり病院問題・・・

相手候補の元市会議員さんは、公立より民間のほうが効率的で質の良い医療を提供できると一貫して主張し、『民間経営が信念』の人・・・

「公営企業法の一部適用から全部適用への変更」で『公設公営での病院維持』の提案に全議員の中でただ一人反対をした人・・・

詳しくは、ただち恵子議員のブログ・・・を参照してください。

候補者カーからは「病院はなくしません」というアナウンスが何度も聞こえます。

ただ病院がそこにあるだけでは意味がない。

夜の演説会もおじゃましましたが、伊藤市長は「市立病院は公設公営だからこそ意味がある」と明言しています。

少子高齢化の中で、出産に心配のある場合でも安心して出産ができる周産期母子医療センターを備え・・・

発達に心配のある子どもたちへの発達外来、訓練の場があり・・・

認知症専門のドクターの外来、透析患者の送迎・・・

さらに新型インフルエンザが猛威をふるった年に、消防と連携してエアテントを張って診療・・・

他にも健康福祉部、教育、災害時など市との連携で子どもから高齢者までの安心、健康推進になくてはならない・・・shine

効率的にもうけだけを優先するのではなく、赤字覚悟でも市民のいのちと健康を守ることが市立病院の使命です。

市長選挙で最大の争点である市立病院をどうするのかsign02 

議会で主張してきたことと、選挙では「なくすわけではない」といい訳のように言ってまわるのはどうかと思うが、みなさんはどうでしょうかsign02

2016年12月11日 (日)

泉大津市長選挙がはじまりました!伊藤市政の継続発展にお力添えください。

今日12月11日告示で、泉大津市長選挙がはじまりましたsign01 18日投票、開票です。

これからの4年間の泉大津市の舵取りを誰に託すのかsign02

たいへん重要な選挙です。大げさかもしれませんが、市民のいのちとくらしがかかった選挙です。

伊藤晴彦現職市長出発式で、市民の安心安全な取り組み、市立病院を公設公営で守り抜くと・・・

これまで進めてきた子育て支援、教育環境の充実をさらに・・・

高齢者の暮らし介護の実態にそくした取り組みを・・・

公園の整備や暮らしやすいまちづくりなどを・・・『市民目線』で進めていくと、力強くあいさつしました。karaoke

参加者は200人はゆうに超えていたでしょう。多くの市民が見守る中で出発shine

応援には大阪府市長会会長の田中八尾市長、竹山堺市長はじめ近隣泉州の9市4町の市長、町長がそろって出席・・・

来賓も自民党の府会議員から18区の民進党の責任者、議員、そして私も同席させて頂きました。happy01

4年前の市長の言葉が忘れられません。「自民党だろうが、共産党だろうが、誰が言おうが、市民にとっていいと思うことはやっていかないといけない」・・・

この言葉通りに、決め細かく政策を実現、実践してきたのが伊藤市長です。

だからこそ、これだけの人が集まっています。

保守も革新も党派も関係なく、立場を超えたまさにALL(オール)泉大津で伊藤晴彦泉大津市長を再選させることこそが、市民のくらしの一番の安心につながりますsign03

2016年12月 8日 (木)

『オール泉大津』で、市民ファーストの市政をさらに前に進めよう!

泉大津市議会第4回定例会が昨日閉会しましたsign01

例年なら真っ最中のはずですが、今年は今度の日曜日告示、18日投票の市長選挙の影響で日程が早くなりました。

そして、伊藤市長1期目、最後の議会となりました。

伊藤市長を後援し、支える会からの新しいビラが届きました。shinehappy01

市の将来ビジョンを定めた総合計画が決められ、すでに動き出し伊藤市政になってからの変化を感じてきました。

特に市立病院は、市の責任で守り発展させると、子どもや高齢者に優しい病院に・・・

全国最低水準にまでなり、遅れていた子ども医療費助成を、さらに中学卒業まで拡充させようと・・・

高齢者・障害者の安心のために、医療介護の連携をさらに進めると・・・

少人数学級、公園の整備なども・・・

何より、応援しているという各界の声がいいですね~sign01 

中小企業のまち泉大津で長く代表してこられた片から、認知症サポーター医、元幼稚園園長さんで文化分野の代表、前保護司会会長に泉大津出身のロックグループまでflair

裏は、この4年間の豊かな実績が・・・

これまでの行政の枠にとらわれず、予算0(ゼロ)でもはじめたこども食堂やセーフコミュニティ活動、トップセールスなども市民のために良いと思うことをきめ細かく実行してきたことがよく分かる。

市民全体にとって必要な市長はsign02 泉大津の未来、将来を託せるのはsign02

伊藤市長がよく言う「行政、市民、団体、企業がひとつになって『オール泉大津』で安心・安全のまちへ」、さらにこの流れを進めていきたいですねsign03

2016年11月27日 (日)

私たちは泉大津市長伊藤晴彦氏を自主的に支援します。

今日、伊藤晴彦泉大津市長の事務所開きが行なわれました。

rainであいにくの天候でしたが、大勢の市民のみなさんが集まっておられました。

近畿大学時代の同級生だったという貝塚市長の応援演説karaokeでは、貝塚市民病院を民間売却するとの話も出される中できっぱり「売りません」と公設公営で守ってきた話がありました。

「市民の財産、市民の安心のために絶対に必要なことだ」と訴えておられました。

泉大津の市立病院をどうしていくのかsign02も、今度の市長選挙でも大きな争点・・・sweat01

子ども医療費助成制度の拡充など、子育て支援の充実から高齢者まで、誰もが安心して暮らせる保障、市民目線での市政のさらなる発展を願い・・・

私たちは4年間の伊藤市政を評価し、以下の声明を出し、自主的に支援をしていきます。

泉大津市長選挙について

12月11日告示、18日投票で行なわれる泉大津市長選挙は、国の社会保障切り捨て、憲法と平和を壊す攻撃が強まるなかで、住民にとって最も身近な基礎自治体である市が市民の暮らしを守る役割を果たすのかどうかが問われる選挙です。

かつての泉大津市政は、大型開発優先で財政破綻、あるいは財政再建を口実に市民サービス切り捨て・負担増の市民に冷たい市政が続けられてきました。伊藤市政の4年間は、特に以下の諸点で従来の市政とは異なる一歩を踏み出したものと考えます。

第1に、泉大津市立病院を公設・公営の病院として守りぬいたことです。市民アンケートに現れた市民の願いに基づき、保健・福祉行政との連携による市民のための病院としての役割を明らかにし、経営改革に取り組み収支改善させました。

第2に、すべての子どもを視野に入れた子育て支援策が大きく前進したことです。子ども医療費助成、妊婦健診公費負担の拡充、公立認定子ども園の開設による保育所待機児童の解消、発達に心配のある子どもへの切れ目のない支援体制の構築、行政主導でのこども食堂の開設などは、その一例です。

第3に、前市政のもとで総合計画の策定が見送られていた中で、市の将来ビジョンである総合計画を市民参加で策定し、安心安全のまちづくりを目指して市民、各種団体も参加しての取り組みが進みました。

第4に、市民の声に耳を傾け、市民と共に創る市政を目指してきたことです。
就学援助制度の改善、教室にエアコンの設置など教育環境の改善、特定検診の無料化、高齢者への訪問・見守り活動や認知症サポーターの養成、通学路のカラー舗装や自転車道整備、道路バリアフリー整備計画を前倒しての推進、公園整備計画を初めて定め、トイレや遊具の改修なども順次進められています。私たちが長年にわたり提案してきた住宅リフォーム助成制度の創設や、市民活動支援センターの開設もされました。

高齢者・障害者の医療と介護の負担軽減など、いまだ残された課題はあるものの、限られた財源を「子どもから高齢者、障がい者まですべての市民にやさしいまちづくり」に優先して活用し、財政健全化と市民要求実現を両立させてきた現市政を継続発展させることが、市民の命と暮らしを守る確かな道であることを確信し、2期目の当選を目指す伊藤晴彦氏を自主的に支援することを表明します。

2016年11月15日               日本共産党泉大津市委員会
市議会議員 田立 恵子

         森下 巖

より以前の記事一覧

フォト
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ