カテゴリー「子育て支援・幼/保/こども園」の62件の記事

2021年8月 4日 (水)

児童発達支援 ぱぴぷ さんを訪問!

先週、うれしいメールを頂いた。

私のブログを見て、未就学児を対象にしている児童発達支援の事業所をしている方から会って話をしてみたいと・・・

 

日程調整をして昨日訪問させて頂きました。

6月に開設したばかりのまだ新しい小さな事業所さん・・・かわいい看板が目印!

1628003428670

代表もお若くてイケメンで、ちょっとびっくり(失礼な・・・)

しかし、様々な発達に課題のあるこどもの療育、ゆくゆくは障害などハンディを抱える人たちが住みやすい環境、地域づくりもしていくたいという熱い思いをもっておられる方でした。

 

なんだかんだと1時間半も話し込み・・・

その中で特に感心したのは、一人ひとりの障害の適正に応じた支援と家族のサポートになることは積極的にされていること・・・

 

保育所や幼稚園などで、なかなかなじめない、通所がままならないなどの問題でも、どこに課題があるのかをあちこち問い合わせ、どうしたら課題解決できるのかと実践されていた。

 

大きな集団がまだ難しいと、個別支援(療育)に偏りがちだけど、集団(療育)も大切にして、発達段階に応じてバランスよくやっていきたいと・・・

 

体も含めて発達段階の違う学齢期のこどもとは同じ場にはならないと、就学前の2歳から6歳児に特化・・・

送迎はもちろん、1日通所なら昼食も必要とお弁当も無料で用意・・・

 

この日は堺のビックバンにお出かけということで、その前の朝の会の様子も見させてもらいました。

明るく楽しい雰囲気を出しつつ、分かりやすい言葉で、きちんと伝えておられるのが印象的でした。

 

なかなか1日行けなかった保育所に、ここでは過ごせるようになってきたというケースも・・・

訪問した最初にこどもたちにあいさつしたら、みんな笑顔で手を振り返してくれ、現場はやっぱり良いなぁと癒されました。

 

就学前までの時期は、その後の成長発達においてきわめて重要な時期だからこそ!

 

こどもの発達や成長のつまづきで悩んでおられる方、適切な支援を受けられる場がなかったり、どういう所が良いのか分からないなどあれば、一度連絡してみてください。

お試し通所も出来るそうです。

ご案内のパンフレットです。

Photo_20210804111201

2021年3月25日 (木)

大人気の穴師パークの児童遊園エリア!

昨日紹介した板原1号公園より前に整備が終わっていた穴師パークの児童遊園エリア!

いつも子どもたちで大にぎわいで写真も撮れなかったので、朝の早い時間に板原1号公園経由で行き撮ってきました。

 

まず目を引くのがこの地面に書かれたサークル・・・

Dsc_2102

この向こう側は少し高くなっていて、滑り台やボルダリングのように登って遊べるように・・・

Dsc_2104

さらにこの奥には、くもの巣?スパイダーマン?何という遊具?最近よくあるやつ・・・

Dsc_2103

このエリアの感じが分かってもらえたでしょうか?

あとは定番のブランコ。

Dsc_2105

幼児でも安全に乗れるタイプもありました。

この周りの道や公園内にはいつもたくさんの自転車があったので、あちこちから子どもが集まっているようです。

 

近くには学校、幼稚園もあり、幼児から小学生、グランドもあるので大人まで活用、楽しめる穴師校区の中心的な公園としてさらによくなるように進むはず・・・

Dsc_2119

トイレの整備からちょっと時間がかかりましたが児童エリアの整備が進み、マスタープランによるとさらに中央部にある森を活かした整備がどのようになっていくのか注目しています。

そして残されている一番の課題は穴師プール。

 

かつては市民プールとしての活用もありましたが、今は老朽化が進み学校プールとしてのみの使用です。

計画でも「プールは存続をさせて活用を考えていく」とあります。

 

私もずっと求めてきた穴師パークの整備がさらに進めていけるよう力を尽くしたい。

 

2021年3月24日 (水)

板原1号公園の遊具などが新しくなりました!

毎朝の通学路の見守りも明日から春休みでちょっと朝はゆっくりできそう!

子どもたちもうきうきな感じ・・・

 

1年前の一斉休校、学校にもどこにも行けない日々からすれば、コロナ感染はまだ収まってはいませんが、対策や対応はずいぶん分かってきて・・・

気を付けながら、楽しい春休みになってほしいと思います。

 

板原4丁目の方から、近くの公園の遊具が新しくなって使えるようになったと聞き行ってきました。

滑り台が付いた複合遊具・・・とても楽しそう!この反対側も滑り台!

Dsc_2099

向こう側ではボール遊びも出来るように・・・

ブランコもきれいになり、砂場はちゃんとフェンスで囲われたものに・・・

Dsc_2100

身近な公園の整備は、議員になった10年前から訴えてきたこと。

前の市長の時に、市内全公園の遊具など設備の調査などが行われ・・・

 

その後、公園整備計画が作られ、毎年ちょっとづつ順番に整備が進んできて・・・

やっと板原1号公園の順番が回って来ました。

 

この公園の周辺は、ちょうど新しい住宅も増えているので、みなさん喜ばれています。

ただちょっと残念だったのはトイレ・・・

Dsc_2101

この窓ガラスが長く割れたままで、このことも問題にしていましたが、よく見るとサッシ部分もなくしていました。

窓ガラスはすぐ割られてしまうのでどうしたらよいか検討していると、何年か前に聞いたままでした。

 

トイレとしてはまだまだ使えるということで、窓ガラスは無くして、壊されたりしないようにしたんだと思います。

ちょっと換気が良すぎになりますが・・・

 

ただ、市民会館跡地の公園には莫大な費用かけるのに、地域の公園のトイレにはお金をかけないのかというのは複雑な思いです。

それでも、春休みになって子どもたちが楽しく遊べる場所が良くなってうれしいです。

2021年3月10日 (水)

予算委員会2日目・・・保育所待機児童がまだまだ大変な状況!

泉大津市議会、予算審査の委員会、2日目は民生費、衛生費、農林水産費まで・・・

今日も隣室ですべて傍聴・・・

 

同会派の田立議員の質疑で分かったことのひとつ、まだまだ大変だと思っていたけど、やっぱり保育所待機児童の問題・・・

2年前、待機児童が急増するということで、私は議会の質問で緊急に保育士確保を訴え、その後募集、採用などが行なわれ対応、努力はされてきたんですが・・・

 

待機児童数が直近で124名(国基準)、いわゆる隠れ待機児童と呼ばれる人数は128名・・・過去最多ではないか?!

新年度の4月当初予定でも、国基準で50名、隠れ待機児童が96名・・・

 

まだ最終調整中で変わるということでしたが、前年同様に厳しい状況が続きます。

新規正職採用17名とこれまでになく採用も進められましたが、当然退職者もあり、あと9名の正職保育士を確保しなければ解消が出来ないとのこと・・・

 

定員の枠がありながら、保育士不足から受け入れることが出来ない状況が続いています。

私たちがずっと言ってきたことは、採用を進めることもですが、退職者を出さないための保育士の処遇や待遇の改善・・・

 

そして、非正規の保育士までもが、クラス担任をもたなければならない状況の改善・・・

 

先日、「ママ友がみんな保育所に入れないと言っている」との声をお聞きしました。

「両親とも正職でなければ難しい、ひとりが非正規だと無理」と言われているとも・・・

 

何としても早くこの状況は改善しなければならない!

 

写真は冬の大津川、今日ではなく先々週の朝の通学路の見守りの帰りに、あまりに天気が良くてパチリ📷

この所、お天気が変わりやすく雨も多いですが、晴れると気持ちの良い日も増えてきました。

春はもうすぐそこまで来てますね!

Dsc_1953

2020年11月27日 (金)

学童保育・仲よし学級の時間がようやく午後7時までに・・・泉大津市

昨日で泉大津市議会一般質問は終わりました。

全国的なユーチューブの不具合で中継が出来てなくて、「見れんかったで・・・」と、夜にお会いした方から言われてしまいました。

 

便利でもこういうことがあるのがネットの世界・・・

自分ひとりではどうすることも出来ませんが、録画編集がアップされたら、またご紹介します。

 

今日、議員連絡ポストを見ると一枚のお知らせが・・・

学童保育・仲よし学級時間延長平日午後7時までに すると・・・来年度から!

Dsc_1280

ようやく、ようやく実現です。

それこそ、議員になった当初から保護者のみなさんの実情を訴え、要望し続けてきたことのひとつ・・・

 

近隣他市では早くからそうなっていたのに・・・

それにしても市長選挙直前の12月広報でお知らせするなんて・・・なんだかなぁ!?

 

それでも良いことは良いので大歓迎です!

 

 

2020年6月27日 (土)

ひとり親世帯に臨時特別給付金がようやく決まりました!

昨日の泉大津市議会最終日、補正予算であげられて決まったこと・・・

国の2次補正で行われることになり・・・

 

ひとり親世帯へ5万円の臨時特別給付金、第2子以降はひとりにつき3万円・・・

児童扶養手当をを受けている世帯。

 

現況届けの時、7月中にはという担当課の説明があり・・・

申請しなくても大丈夫。

 

申請が必要なのは、収入減少の世帯への5万円の追加給付・・・

減少率とかはなく、自己申告・・・8月中に申告になります。

 

ようやく国が動いたので、ひとり親世帯への支援の実施になりましたが・・・

すでに実施をしている自治体では、さらなる追加の支援になります。

 

緊急事態宣言下で、もっと早く実施を行っていれば、それは困っている世帯には希望となったでしょう。

残念ながら泉大津では、そうした個別の支援はいっさいなく・・・

 

自治体間の格差、思いやりの違いを感じざるを得ませんでした。

 

今年出会った中で一番きれいに感じた青と紫かかったあじさい⤵
Dsc_7386

 

 

 

 

2020年2月28日 (金)

小中学校、幼稚園、こども園が、泉大津でも3月2日午後から休校に・・・

突然の全国一斉の国からの休校要請・・・

今日、泉大津でも教育委員会から連絡があり、来週からの臨時休校について示されました。

小中学校、幼稚園、こども園、それぞれの休校、休園の対応が市のホームページでもお知らせされています。

Dsc_6573

小中学校の期間は、3月2日(月)午後~、この日は給食はなし、3月22日(月)まで

その期間にある卒業式、高校入試実施される。

 

3月24日(火) 修了式実施

 

学童保育(なかよし学級)は、仕事休めない保護者もおられるので開設されますが、13時30分からの受け入れ・・・

それまでは登校して、お弁当持参で学校で過ごすことが出来ます。

 

幼稚園、こども園は、19日まで・・・

こども園では、仕事の関係で休めない場合は受け入れると・・・

 

こどもたちへの最大限の感染防止のための措置とは言っても・・・

休めない保護者、また休むことによっての収入減・・・

結局、たいへんな家庭ほどしわ寄せが大きく・・・

 

昨日は、障害者施設で働く連れ合いが、珍しく早く帰ってきて・・・

子育て中のパートさんとかの勤務ができるのか、どうなるのかわからない?

勤務表が組めないのであきらめて帰ってきたと・・・

 

社会を支えるいろいろな所への影響の一端、さらに広がっていくでしょう。

1日も早い終息を願うばかりです❗

2019年12月26日 (木)

待機児童の9割が障害、難病のこども…大阪市、保育所民営化の先に起こった問題! IRカジノも大きな問題、徹底解明し、日本のどこにもカジノはいらない。

この2日間、家に帰って夕刊を見るととんでもない問題が・・・

24日の毎日新聞夕刊トップ記事⤵

Dsc_6186

タイトル見てもはじめ「どういうこと?」と意味がすぐに理解できなかった・・・

大阪市の待機児童に占める障害児と医療的ケアが必要な子の割合が9割ということ・・・

 

他の政令都市の中で突出して高くて、ちょっとありえない数字・・・他がから人なのに、大阪市だけが25人

その背景にあるのが、維新政治によって公立保育所の民営化を一気に進めていること。

 

待機児童対策で受け入れ児童数は増えたものの、公立保育所を減らせばこうした事態を招く・・・

民間では、対応がたいへんなこどもの受け入れは積極的ではないということ・・・

 

私は、9月の泉大津市議会の一般質問で、民間ではこの10年受け入れ定数をほとんど増えていないことや、ましてや保育士の定数を減らせば発達障害など様々な困難を抱えたこどもの受け入れが困難になることを指摘・・・

待機児童対策を進めるためには公立の保育所こども園で保育士を確保をしっかり確保して進めるよう述べた。

 

大阪市が進めた保育所民営化は、私が心配をしていたことが露呈をした形で、本当に憤りを感じます。

 

そして昨日はIRカジノの誘致にからんで現職国会議員の逮捕

Dsc_6190

贈賄容疑で関係した他にも3名が逮捕、同じ自民党議員にも家宅捜索が入っていることからすると、言い逃れできない・・・

安倍自公政権が強力に推し進めてきた「IRカジノ」だけに、徹底的な解明が必要だし、大阪などは国より先行して進めており、関係など洗いざらい調査しなければ・・・

 

いくら議員個人の問題だとか、大阪には関係のないよう言っても、大きな利権が絡んでくるのは誰でもそう思うわけで・・・

カジノと言う「博打」で経済活性化だとかいうことが、そもそもまともではないと思う。

 

大阪にも日本のどこにも「カジノ」はいらない、作らせない。この思いをさらに広げていきたい❗

2019年11月 5日 (火)

保育所待機児童解消への取り組みについて・・・一般質問報告(遅くなりましたが・・・)

9月議会報告の市議会だよりも11月になって各戸に届けられています。

もうご覧になった方もあるかと思いますが、お気付きでしょうか・・・?

名前の下のQRコード、ここから一般質問の録画放送をご覧になれます。 ←ココをクリックしても1年間見れます。

Dsc_5902

この議会ではラストでしたが、その前は同会派の田立議員で、議会報告も同じページ!

ユーチューブになりますが、市議会ホームページのインターネット中継・録画放送の所から1年間いつでも見ていただけます。

1568267582588

さて、質問では保育士不足から定員枠としてはありながら、待機児童ゼロから急増した今年度・・・

私は3月にも質問を行ない、緊急に保育士確保を要望し、7月採用で11名の保育士が採用されました。

 

しかし、今年度末には6名の定年退職者がおり、定員を充足させるためには19名の保育士が必要だと答弁がありましたが、来年4月採用予定は10名しかありません。

さらなる保育士の確保と、保育士の労働条件改善、処遇向上を求めました。

 

働き続けてもらうためには、これは欠かす事のできないことで、保育士の非正規化が進む中で現場の矛盾が大きくなったことが保育士不足になった一番の問題だと思います。

単にこどもを預かっているわけではなく、その年齢に応じたひとりひとりのこどもの成長、発達を支える保育という専門家としての処遇をしっかりと進めなければという思いです。

 

9月1日現在でも44名の待機児童となっています。

保育所申請が行なわれ、次年度の入所について不安や心配は尽きません。

 

待機児童解消は民間任せでは進みません。この7年間で公立は定員を168名増やしましたが、市内民間園は全体で10名でした。

政府が主導した企業主導型保育、泉大津にも3施設あることも今回はじめて分かりましたが・・・

そこは地域枠という事で受け入れできないこともないけれど、実際の利用人数すら行政は把握できていないのが実情・・・

 

全国的にはペーパーだけの申請で補助金の不正受給や突然の休園など大きな問題があることが、報道などでも明らかで・・・

こどもたちを安心して預けられない。これら問題点を指摘し・・・

 

公立の園が発達に不安があったり、しんどい状況の家庭のこどもなども受け入れ、保健センターや市立病院、行政との連携でこうしたこどもや家庭を支え支援している状況も発言し・・・

こうした公的役割、責任を後退させてはならないことを訴えました。引き続き注視していきます。

1568267740946

インターネット中継をリアルタイムで見てくれていた友人が、ラインで写真を送ってくれました。

リアルタイムでも全国どこでも見られていること、はずかしいようなうれしいような、あらためて実感。

2019年10月 5日 (土)

くすのき認定こども園の運動会へ!

今日は朝から快晴☀

くすのき認定こども園運動会におじゃましました。

 

こども達の元気いっぱいのしぐさや笑顔にいやされて来ました。

鼓笛隊やリズムはいっぱい練習したんだろうなぁととてもみんな上手でした。

 

いつも感心するのが。この写真の大きな布をふくらませるやつ⤵ 

Dsc_5474

ふくらませたらみんなねそべってしっかり押さえます。

オセロのように白と黒のカードを、いっせいにひっくり返しあい、最後多く残こすようにするゲーム・・・

みんな入り乱れて、ひっくり返しあう様子が妙におかしくて、おもわず笑ってしまいました。

 

5歳児はちゃんと1周するリレーで、クラス半分のこどもの大人数のリレーだけど、途中すごい接戦になって大盛り上がり・・・

今年はお昼までの全部見る事ができました。

 

最後に園長先生が、「ひとりひとりの発達に応じた遊びを通じて、こども達の成長を・・・」とおっしゃっていました。

先の議会では、一般質問で「保育所の待機児童解消に向けて」を取り組んで・・・

その中で発達や成長がちょっとゆっくりだったり、様々な支援が必要なこどもも受け入れているのが公立の園で、その役割の大切さを発言しました。

 

また、待機になることなくひとりでも多くのこどもが通えるように・・・

その為にも、保育に関わる先生が安心して保育、教育ができるように・・・

これからもしっかり取り組んでいきたい。

 

 

 

より以前の記事一覧

フォト
2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ