カテゴリー「新型コロナ関連」の70件の記事

2022年8月27日 (土)

厚生文教委員会でコロナワクチン健康被害支援金事業の報告がありました!

昨日は厚生文教委員会協議会、委員ではないので隣室で傍聴でしたが、いよいよ議会が始まっていく・・・

 

その中で、市独自の施策として新型コロナワクチン接種後の健康被害を支援する事業について報告がありました。

Dsc_0598

国の救済制度への申請を行う対象者に対して、自己負担分の医療費や必要な文書費も支援をすると・・・

 

国の救済制度のコロナワクチン実施の昨年2月にさかのぼって申請が可能としているので、すでに申請があった人も対象としています。

 

副反応などは個々で違いがあり、腕が痛いというだけの人から、私は3回目の接種後は熱が3日は続いたのでけっこうしんどかったです。

さらにたいへんな人もおられます。

 

しかし、コロナ感染拡大は繰り返され、今は第7波が終息の見通しもない中ですが、いったん減少したとしても今後も感染のリスクが続いていくでしょう。

 

実際の対象人数という質問もあり、人数はわずかでしたが、現に苦しんでいる人がいるのも事実・・・

 

ワクチンに対しての不安は多くの人があると思いますが・・・

今後は今流行のオミクロン株への対応のワクチンも出てくると言われている中で、コロナ同様にワクチンもまだしばらくは重症化しないためにも打てる人は打った方が安心だし・・・

 

ワクチン接種後の万が一の時にこうした支援があるというのは、ひとつの安心材料でもあります。

 

ただ、市独自の財源、施策として行なうということなら・・・

同時にワクチンだけでなくコロナに感染した後の後遺症でも苦しんでいる人がおられます。

 

こうした人への支援、実態把握も含めて進めてほしいものです。

 

2022年4月 1日 (金)

コロナ感染拡大での福祉施設の窮状・・・大阪府は支援を!

先日、福祉施設で働く友人からラインが届き・・・

大阪府庁への要請についてテレビで報道されると・・・

Img_20220328_140037

第6波では、特に府内の多くの福祉施設で感染拡大が続き、感染した利用者が病院で受け入れられず、その対応を職員が担わざるを得なかったと・・・

また施設の休業による減収や、防護服などの費用負担も大きく、経営的にも非常に厳しい状況にあると・・・

 

タイミングが合わず放送は見れなかったんですが、後日報道のURLを送ってくれたので視聴しました。

⇒⇒⇒ココからABCニュース報道内容が見れます。

 

以下、報道された文書です。

「福祉施設の窮状」経営者らが大阪府に訴える 新型コロナ第6波 入院先見つからず職員が療養支援

大阪府の社会福祉法人の経営者らが府庁を訪問し、新型コロナウイルス第6波の影響で、深刻な経営難に陥っている実情を訴えました。

 府内で障害者施設などを運営する社会福祉法人の経営者らが府庁を訪れ、新型コロナ第6波による医療崩壊の影響で、職員が過酷な環境で療養支援にあたっていると訴えました。

 経営者らによりますと、第6波感染拡大の中、施設内で集団感染が発生しても障害者らを受け入れる入院先がなく、施設の職員らが対応にあたらざるをえないケースが度々あったということです。

 また、経営面でも事業所の休所で収入が激減した一方で、防護服や検査キットなどの購入に費用がかかり深刻な経営難に陥っていて、経営者らは府に対し、感染者の対応にあたった施設には補助金など支援を求めています。

2022年3月 3日 (木)

市のPCR検査センターで無料検査が実現!

昨日、今日で市議会の一般質問が終了・・・

今回もいろいろ考えさせられることが多かったけど、そのご報告は後日!

 

私たち日本共産党は国でも市でも新型コロナ感染が発生してから一貫して求めてきた「無料のPCR検査」

市役所隣の市の検査センターでもようやく無料になりました。

Photo_20220303170501

大阪府がほとんど民間のドラックストアに委託して、無症状の人などの無料検査を始めた後も有料のままで・・・

市のPCR検査も無料にするよう1月にあらためて要望してきました。

 

市のPCR検査センターも民間に委託していたんですが、そこは府の認定を受けられず1回3000円のまま・・・

市を実施主体にするなど変更して認定を受けれたようです。

 

大阪府の制度の活用で、以下のフローチャートに該当する人が対象(ちょっとわかりにくいんですが・・・)

Photo_20220303170701

要するに、濃厚接触者にならなかったり、熱などの症状のない人が対象・・・

市のホームページを見ても、まだ前のまま有料の案内しかなかったので、議員に届いた文書など掲載しておきました。

 

ワクチンのことばかり強調されていますが、検査とセットでないと・・・

知らない間に感染を広げてしまうことがないように、不安があればためらわずに検査を・・・

案内にある番号080-6564-9428に出来るだけ予約をしてください。

 

もっともっと検査を気軽に出来るようにしなければ、なかなか終息は見えてこないのではないか。

 

 

 

 

2022年2月17日 (木)

家計急変世帯でも10万円の給付金、申請が必要です!

2月は「にげる」とはよく言ったもの・・・1月は「いく」、3月は「さる」

年度末に向けての3ヵ月間はあっという間なので、よく使われる言葉だけど・・・

 

もう2月半ばを過ぎ、来週の月曜日からは市議会第1回定例会、1日目・・・

翌日には一般質問の発言通告の提出の締め切り日。いよいよ議会モードに・・・

 

ただ、コロナの影響もあってか、1月、2月は例年以上に相談が多くて・・・

失業や病気、介護についてなど。あと住民税非課税世帯への10万円給付についても・・・

 

すでに非課税世帯の場合は通知が来るので、記入して返信すればよいだけですが・・・

家計急変場合、申請必要です。

 

制度が分かりにくく窓口に同行して支援していた人の申請が出来たと聞き、よかったです。

 

昨年、今年の1カ月間だけでも収入が落ち込んで、非課税世帯並みであれば対象になります。

急変した1カ月の収入が分かるものがあれば、それを12カ月として1年と見立てて計算され、非課税世帯並みとします。

 

今週の厚生文教委員会での質疑では、これまで申請が11件しかないと聞き、その方が12件目に・・・

 

今後、家計急変世帯についても市として広報していくと聞きました。

広報誌だけでななく、ラインなどSNSなどあらゆる方法でお知らせをして、少しでも多くの困っている人につながればと思います。

 

不明なことなどあればいつでもご連絡ください。

TEL:090-3051-9096 ✉:i-morishita1967@nifty.com

Dsc_1000

こんなに寒いのに、きれいな菜の花に出会いました。もう春はそこまで来ているのでしょうか。

 

 

 

 

2022年2月 9日 (水)

コロナ休園、代替保育に財政支援を発表・・・厚労省

大阪府の今日のオミクロン株の感染者数が1万5千人を超え・・・

保育所の休園が3日時点で全国777カ所にのぼり、休園によってひっ迫する医療や介護、福祉のエッセンシャルワーカーの確保のためにも代替え保育拡充が急務・・・

 

日本共産党の宮本議員が衆院予算委員会で政府に対して求めていた中で・・・

今日のしんぶん赤旗1面・・・代替保育に厚労省は自治体に対して財政支援すると!

Dsc_1062

休園になった場合に、代替保育として他園や公民館に加えて、障害児に限っていた居宅訪問型の一時預かり事業の利用も可能に・・・

利用者の負担はなし・・・

 

私たち泉大津市会議員団も1月21日に、市に対して出したコロナ緊急要望で、公民問わず全市的な連携で「一時保育」の体制をと求めていましたが・・・

 

つい先日に受け取った回答では、「休園に可能な限りならないように努める」として「異年齢保育や合同保育、他園からの応援職員派遣を検討中と・・・」

 

他園に行かなくてよければそれが一番良いとは思うが、休園せざるを得なかったり・・・

職員派遣への国の支援が該当するのかなどは分からないので、また確認が必要です。

 

医療、介護だけではなく、社会的基盤を支える仕事をしているみなさんの就労状況を今こそしっかり支えていく必要があり、その為の保育の継続をどうするのかが、今、各自治体に問われています。

 

記事では、休校での仕事を休まざるを得なかった保護者への休校助成が、事業所からではなく直接保護者が申請できるよう見直すと・・・

 

また、18歳以下の子どもへの10万円給付も見直すと・・・

昨年9月以降に離婚していた場合に、実際に養育しているのに届いていない問題についても、2月28日時点で子どもを養育している親に給付出来るようにすると・・・

 

どれも今まさに急がれるものなので、迅速に可能となるよう期待するし、実情をまたつかんでいきたい。

2022年2月 6日 (日)

大阪は全国最悪の感染状況!命守るパッケージを・・・

全国の感染者数がついに10万人を超えた!

ただ、その前日も10万人を超えていたけど、大阪市の過去の計上漏れも含めてということ・・・

 

木曜の夜に大阪の1万9671人と聞いてまた急拡大かと驚いたけど、その内7625人が計上漏れ・・・

大阪市では、保健所の入力が追い付かず計上できなかった人が約1万2700人も・・・

 

大阪市には保健所が1ヵ所しかなく・・・

合理化のもとで、統廃合してきた影響がもろに出たのでは・・・

 

統計的にどうなのか?

計上されていなかった感染者はどのような対応、影響があったのか?

システムの不具合が主要因のように報道されているが、なぜこのようなことになったのか?

 

今後のことを考えれば、しっかりと解明しなければならないと思う。

 

第6波は必ず来ると言われていたのに、感染者が落ち着いていた間に、どれほどの医療や保健所の体制を拡充してきたのか?

コロナから命を守るために、国や大阪府はこの辺りについても説明責任があるのでは・・・

 

大阪はこの1週間の人口10万人当たりの感染者数が全国最悪!

Dsc_1033

深刻なのは重症者数や死者数も断トツに多いこと!

なぜなのか?この辺りの検証も合わせて行い、対策を取らなければ・・・

 

”なりゆきまかせ”では命は守れない、命を守るパッケージを示せと・・・志位委員長の会見

Dsc_1031

ワクチン頼みだったのに、3回目ワクチンは大きく遅れ、PCR検査も拡充してこなかったので、まともに検査が受けられない人も・・・

 

40℃の熱があり、救急搬送されたにも関わらず、泉大津市立病院では受け入れてもらえず、徳洲会病院へ・・・

しかし、入院することは出来ず自宅待機になった人がいると聞いた。

 

基礎疾患があり、症状もあるのに・・・その後大丈夫なのか?心配です。

そうした話を聞くといっそう身近に迫ってきていると感じます。

 

泉大津の累計の感染者数もついに3000人を超え、3097人になりました。

2022年1月28日 (金)

住民税非課税世帯などへの10万円の給付金の受付がはじまりました!

昨年12月末に子育て世帯への10万円の給付金については、テレビで連日報道されていたので知らない人はいなかったと思いますが・・・

ほぼ同時に進められるはずだった住民税非課税世帯への給付金・・・

 

知っていた人からは「どうなったのか?」と聞かれたこともありましたが、ほとんどみなさん知らない・・・

ただ、年末ぎりぎりになってようやく決まり・・・

泉大津市では、対象世帯への郵送が先日行われ、さっそく「どうしたら?」と相談の連絡がありました。

 

昨日から市役所3階でも相談窓口が設けられ、同行支援で行きました。

Dsc_1001

対象世帯には確認書が届くので、振込先などを確認して返送するだけ・・・

ただ、昨年コロナの影響で家計が急変し、収入減少した世帯には何も届きません。

 

こちらは申請が必要です。

ホームページや2月の広報でお知らせがありますが、それだけでいきわたるのか?心配です。

 

この間の相談活動で出会った人には知らせ、何とかこの急場をどうしのぐのか頭を悩ませているのに・・・

窓口まで来ているのに「申請書はダウンロードしてください」と言われ・・・それが出来て申請できたらここまで来ていません。

 

書類を見ても、すぐには私でも理解しにくい内容で、こちらの状況なども伝えながら再度不明な点を何度か聞きなおし・・・

ようやくどうしたらいいのかが分かりましたが、なかなか難しい・・・

 

申請の受付は1月31日からで郵送でと言われましたが、不備がないかなど申請時にまた来ないと難しいと感じました。

 

昨年1年間や今年になってからでも家計急変、大きく収入減が1カ月でもあれば該当する可能性がありますので、一度お問い合わせください。

問い合わせ先:泉大津市の給付担当 0725-33-9120

以下⇩案内のお知らせです。 市のホームページの案内☜ココから・・・

10_20220128123801

2022年1月20日 (木)

オミクロン株でのコロナ感染急拡大、緊急要望書を提出!

新型コロナのオミクロン株による感染が急拡大!

昨日は大阪でも過去最多の6101人、今日も5931人・・・

 

こうした状況の中で、市に対して緊急要望書を提出しました。

Dsc_0949

無料でのPCR検査がようやく大阪・泉大津でも出来るようになったにも関わらず、ほとんど広報されていないので知られていません。

また、市役所横のPCR検査センターは依然として市民3000円のまま・・・

 

これも無料にして不安などがあれば、いつでも何度でも検査を受けれるようにすること・・・感染を広げないためには決定的に重要。

 

高齢者などの福祉施設での定期的な検査・・・再開を求めて来ましたが、これも大阪府は再度実施するようになりました。

 

しかし、介護や訪問看護などの事業所では受けられない所もあり、すべてのケアワーカーの人に定期的な検査を行っていくこと・・・

学校や子ども関係の施設でも・・・クラスターを防ぐためにはここもしっかり取り組んでいく必要があります。

 

ワクチンや保育所の休園時の一時保育、事業者支援など6項目の要望書。

 

写真は見にくいので、全文を以下掲載しています。

泉大津市長  南出 賢一 様

2022年1月21日

日本共産党泉大津市会議員団 田立 恵子・森下 巖

 

新型コロナウィルス・オミクロン株急拡大の影響から

市民やこどもたち、事業者を守る対策に関する緊急要望書

 

新型コロナウィルスのオミクロン株感染者が急増し、大阪府でも過去最大の感染者数を更新しています。本市においても感染対策など尽力頂いていますが、市民の暮らし事業者などから命と暮らしを守る対策が必要であることから緊急の要望書を提出させて頂きます。国・府の感染対策や生活保障については拡充、改善されているとはいえ、対象は限定的で必要な支援が受けられない場合やさらなる事態の長期化に備えて、困っている市民やこどもたち、事業者の状況を適切に把握し支援する対応が必要です。こうした点から、以下について要望書を提出し、緊急に取り組むことを切に要望します。

【要望事項】

1.感染拡大をこれ以上広げないためには、PCR検査を広く行っていくことが決定的に重要です。大阪府はようやくこのことを認め、無料検査をドラッグストアなどで実施をはじめましたが、周知が不十分で知られていません。不安な人などが、いつでも何度でも受けることが出来る無料検査について、あらゆる手段を活用し広く周知をし、積極的に検査を受けることが出来るようにすること。また、市役所横で実施をしているPCR検査センターについても無料での検査を出来るようにすること。

 

2.社会福祉施設や介護事業所、障害児者を支援する事業所でのクラスターを防ぐために、大阪府が再開した福祉施設への定期的なPCR検査を、どの施設、事業者も受けるように勧奨するとともに、対象外になる事業所においてもPCR検査を受けることが出来るよう実態を把握し必要な対応を行なうこと。

 

3.3回目のワクチン接種が始まっているが、学校教職員、乳幼児施設、各種ケアワーカーの人たちが優先して接種ができるよう各職場への巡回接種を行なうなどの手立てを尽くすこと。

 

4.コロナ関連の影響で厳しい経済状態にある世帯が増加しています。生活困窮、ひとり親などの子育て世帯への支援にもなる給食費の無償化を、引き続き感染拡大が起こっている状況であり、再度実施をすること。

 

5.保育所・子ども園の園児や職員に感染者がでて休園の措置をとる場合に、保護者の就労と子どもたちの安全を保障するために、公立・民間を含めた全市的な連携で、検査で陰性が確認された園児の「一時保育」の受け入れ体制をつくること。

 

6.大阪府の休業要請支援金の対象、要請外の事業者に対しての各種給付金は50%以上の減収とハードルが高く支援を受けられない事業者が多数あります。前年比50%以下の収入減少でも、府内多くの自治体が実施しているように市としての独自の支援金制度を創設し必要な支援を行なうこと。

以上

2022年1月 6日 (木)

コロナ/オミクロン株の感染急拡大!

あっという間に!

コロナ/オミクロン株の感染拡大・・・倍々と増えている。

 

大阪でも今日は505人だと今ニュースで知りました。

そして沖縄では過去最大の981人、山口県でも過去最多・・・

 

この両県では米軍基地、米兵からの感染で広がっている。

ニュースで聞き驚いたのが、PCR検査などもせずに来日している米兵が日本人の従業員や街に繰り出して感染を広げていると・・・

 

水際対策といくらやっても、こうしたことがやられていてはたまったものではない。

日本の安全を守るなどということでないことは明らか!

 

非常に不平等な日米地位協定の改定、米軍米兵特権は無くさなければと強く思う。

 

オミクロン株は重症化する割合は低いと言われても、感染者が増えれば重症化する人も増えるだろうし・・・

高齢者や持病を持っている人はどうなのかは、まだ十分なデータもないのでやはり心配は尽きない。

 

医療崩壊を起こさない対策、この間の感染が落ち着いていた時にどれだけされたのかが試される。

 

昨日までの資料ですが大阪府も大阪市も人口10万人あたりの感染者数はずっと東京よりも多いことが分かる。

Fb_img_1641384389900

これから当面は最大限の感染対策と対応が必要。

いかに感染を広げないようにするのかの対応も問われています。

第6波に突入したことは明らかです。

 

みなさんもどうぞお気を付けください。

何かしら不安があれば無料になったPCR検査を受けましょう!

 

 

2021年12月29日 (水)

2021年もあとわずか、無料のPCR検査を受けました!

昨日で市役所も閉庁ということで、市民さんからお聞きしたことなどの確認、対応・・・

今日は事務所の片付けと、バタバタと年末のお決まりな日々・・・

 

オミクロン株がじわじわと広がっていく不安はありつつ、今年は2年ぶりに実家へ帰省しようと計画中・・・

私たちが一貫して求めてきた無料PCR検査が可能になり、泉大津市では我が家の近くウェルシア(ドラッグストア)で出来るということで、一応安心を得るために昨日行ってきました!

 

確認した時は問い合わせが多くあり、検査キットの数に限りもあるということだったので、10時半からの朝一番で・・・

先にご近所さんも東京に親元に子どもを連れていくからと受けておられましたが、私もすぐに対応してもらえました。

 

4月に風邪をひいて、その時に医院で受けたPCR検査のキットと同じもの・・・

スマホでまず登録したり、やり方のYouTubeの動画を見たりと、若干面倒なこともありつつ、親切に教えてもらって・・・

 

唾液を容器に入れて、箱に梱包・・・

郵送はお店がしてくれて、結果は2日後にメールで届くということで、明日には分かるかなぁ!

 

抗体検査ならその日に分かるということ・・・

帰省など安心を得たい方や何か不安のある方などは迷わず受けてみてください

 

大晦日からまた寒波になるようでちょっと心配ですが・・・みなさんよいお年をお迎えください。

1年間、お世話になりました。

 

おまけ・・・先日の金剛山での私の初雪、お気に入りの1枚 ⇩

Img_20211221_230342_960

 

 

 

 

 

より以前の記事一覧

フォト
2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ