カテゴリー「山登り、ハイキング、ウォーキング」の8件の記事

2022年12月30日 (金)

2022年、1番だったことは、富士山初登頂!

2022年もあとわずか!

今年もいろんなことがあったけど、自分的に1番だったことの振り返り・・・

 

やっぱり7月にはじめて富士山に登ったこと。

 

生きてる間に必ず1度はしておきたいことってありませんか?

私にとってそのひとつが富士山登頂。

 

20代の頃、毎年のように南アルプスへ。

そこから見える美しい富士山。

 

当時は富士山は見る山だからと、登りたいとは特に思いませんでしたが・・・

年齢を重ね、コロナ禍もあり、元気な内に山に行かないときっと後悔すると思い・・・

 

1回は富士山へ、日本で一番高い所に立とうと目標に。

 

思い立ってからほぼ3年。それまでは年に1度登るか登らないかと言う感じだったので・・・

いきなりは登れないのでせめて月1回は、それも唯一の休みだったりしたけど、山に行こうと決め・・・

 

まずは金剛山から六甲山など近隣の山を歩きまわりトレーニング。

時にはロングトレイル、六甲山全山縦走はさすがに無理なので、半分にして20キロ超えも・・・

 

だいぶ歩けるようになってきたので、今年こそはと7月に挑戦。

富士山でも密を避け、バスで行く登山口は避けて、一番長いルートだけど直接車で行ける御殿場口からの日帰り登山。

 

山頂でのご来光は無理でも暗い内から歩き、途中の山小屋の前でしっかり朝日と雲海、輝く山中湖もきれいに見え・・・

Photo_20221230120201

暗くて分からなかったけど、二つ塚(上の写真の左下)の横をひたすら登ってきたのが明るくなって麓もきれいに見えました。

3000m地点(右上写真)でもまだまだ見上げる先は遠く・・・

 

何度もつづら折りが繰り返される坂を、亀のようにゆっくり「はぁはぁ」と息も絶え絶えになりながら・・・

何とか登頂。途中休憩もいっぱいしたので歩き始めからちょうど9時間。

 

最高峰の剣ヶ峰(下の写真の右上)まで、あんなに疲れていたのに山頂に立ったら元気になって・・・

せっかく来たからと山頂の噴火口を一周するお鉢巡り(左上の写真)も堪能。

Photo_20221230121201

下りの途中には江戸時代の噴火口の宝永火口、その一番高い宝永山(真ん中の写真)へも・・・

最後は、大砂走り(写真の右下)と言われるじゃりじゃりの道をひたすら走って下山。

 

休憩も入れてですが、トータル15時間。21キロ。標高差2500メートル。

日本一高い富士山の山頂に立つことが出来て、達成感は半端ない。

 

55歳にしてやり遂げることが出来た。

この体力を維持して、何歳になっても山に行けるようにするのが先々の目標なので・・・

 

次はどこに行こうか、まだまだ行きたい山がいっぱいあって迷ってしまいます。

 

2022年11月 2日 (水)

SNS実践講座に参加、はじめて動画に字幕付けてみた!

昨日はSNSの実践講座に参加。

若いみなさんはじめ、これからは動画でいろいろなことを伝えていくことが大切だと・・・

 

政治的なことも分かりやすく端的に・・・頭で分かってもなかなか容易ではない。

一応、このブログを議員になってからはじめ、その後はツイッターやフェイスブック、インスタ、ラインはやってはいるものの・・・

 

SNSを活用して、つながりを広げ、広く多くのみなさんに知らせているとは言い難い状況。

それでもブログを見れくれて「いろいろなことにがんばっているね」などと声をかけられたことも・・・

 

どこかで見れくれている人がいると続けています。

 

講座では簡単に字幕を付けれるアプリを教えてもらい、さっそくやってみたら意外と簡単に字幕は付けれることが分かり・・・

 

スマホにある動画に字幕を付けたのがこれ ➡ 2022この夏の挑戦、初富士山からの朝日

このブログには容量が大きすぎて直接は無理で、フェイスブックに投稿したもののリンクです。

 

人生、一度は富士山に登らねばと思っていたこと。

それも元気な間でないと難しいと、ようやく実現。

 

トータル15時間、コロナ禍で密をさけ、バスに乗らなくていい御殿場ルートは一番低い1200m、ほぼ2合目からのスタート。他のルートは5合目から・・・

朝日を見て、3000m到達後は息も絶え絶え、山頂を見上げながら亀のようにゆっくりで登りに9時間。

雲海と麓の二ツ塚もきれいに見えました。

Photo_20221102175901

山頂の火口は圧巻。日本一高い剣ヶ峰の最後のちょっとの登りも急。

山頂の証拠写真。真ん中は宝永火口に出来た宝永山。大砂走で下りは一気に走るように降りて3時間半・・・

Photo_20221102180001

しんどかったけど、達成感は半端ない。富士山満喫の夏の挑戦でした。

 

その時に撮ったくらいの短い動画だと簡単だったけど、長い動画を編集したり、分かりやすく、伝わりやすくなどまだまだ出来そうにないけど・・・

まずは第一歩。ただ、ブログ中心でこれまでやってきたのに動画活用が出来ないので・・・

他のSNSでの活用を考えないといけない。悩みが増えたなぁ~。

2022年5月 8日 (日)

富士山が見える山(金時山)と富士の裾野の二ツ塚へ!

上の娘の引っ越しから始まった今年のGW。

 

その後も市制80周年の式典や泉佐野市議選の支援など、何かとあり世間のような連休はありません・・・

 

それでも1日だけでも山に行こうと、念願の富士山が見える金時山へ!

富士山の裾野にある二ツ塚へ。

 

夜中に出て丸々24時間かけての日帰り・・・

 

まだ暗いうちに登山口に到着し早朝スタート・・・

途中の乙女峠でいきなり朝焼けの富士山が目の前に!

Dsc_1840

「わ~すげぇ~!」と思わず叫んでました。

乙女峠からの稜線でも時々きれいな富士山が見えて気持ちよく歩けます。

 

金時山山頂には、テレビやSNSでよく見るまさかり🪓があり、富士山も最高にきれいに見えて大満足。

Dsc_1875

この頃にはすっかり青い空になり、ずっとここで眺めてられる

絶対に良いお天気になると分かっていたので、無理してここまで来て良かった。 

 

まだお昼にもなっていないし、このまま帰るのはもったいないと、富士山をさらに身近に感じたくなり・・・

金時山下山後は、富士登山口のひとつ御殿場登山口まで行ってしまいました。

Dsc_1930

そこから二ツ塚という所まで行けそうだと分かり、まだ富士の裾野ですが、富士山を歩くことに・・・

Dsc_1937

写真は駐車場から15分ほど歩いた大石茶屋で、シーズン前なのでまだ開いてません。

この小屋の上に見える丘みたいなのが二ツ塚。

 

右が上塚、そこで1929mなので、近畿最高峰の八経ヶ岳1915mより高いのに驚く!

左の丘が下塚。 下の写真は上塚から見た下塚。

Dsc_1952

大石茶屋からは同じくらいの高さに見えたけど全然違ってました。

この坂は見た目に以上に急で、砂利で足を取られながらというのもしんどっかった。

下塚はだいぶ下に見える。

 

上塚からは宝永火口が真上に見上げるように見えて、下塚の方の景色も素晴らしく、360度見渡せる絶景でした。

まるまる1日、富士山を満喫した1日になりました。

 

2022年3月20日 (日)

回想の山道・・・不破哲三

この週末は思わぬ時間が出来たので、ふと本棚を見たら・・・

懐かしい思い出深い本

「回想の山道~私の山行ノートから~」不破哲三が目につき、読み返してしまいました。

 

山と渓谷社から1993年に出された本!すっかり背表紙など変色してましたが・・・

Photo_20220320153401

当時、就職した先の先輩に誘われて、南アルプス聖岳へ毎年行っていて・・・

すっかり山の魅力にはまっていった頃で・・・

 

時々購入していた山の雑誌に、当時の日本共産党の委員長の不破哲三さんの山行記が載ったのに驚き・・・

それまでの山行記をまとめたものがこの本。

 

不破さんの山の歴史にふれ、景観を楽しむだけでなく、その道程の地図や地形のことから山の歴史まで・・・

そしてそれまでの団地暮らしから丹沢に山荘を建てて、すごく忙しいだろうに身近に山の暮らしをされることまで・・・

 

ちょうどその頃、南アルプスを同じ時期に登っていたことにも喜びを感じてました。

Photo_20220320154701

写真は荒川三山をバックに、小赤石岳山頂での不破さん・・・

 

本では南アルプスは赤石岳までの縦走で終わっていて・・・

来年さらに南の塩見岳や聖岳まで来るなら、もしかして会えるのでは?とかマジで考えてました。

 

もちろん会えることはなかったけど、その後不破さんがはじめて南アルプスで登った山で本でも「圧巻の眺望」とあった仙丈ケ岳塩見岳に私も行きました。

 

読み返していて、南八ケ岳赤岳の項では、ちょうど私が去年行ったのと同じようなコースも出てきて・・・

行く前に読んでおいたらよかったなぁと、ちょっと残念な気持ちに・・・

 

まだ山に行っているのか?きっと丹沢あたりは歩いてるだろうなと・・・

山の奥深さを教えてくれた当時の不破さんに感謝。

 

私もまだまだあきらめず・・・

また南アルプスにも3,000m峰にも挑戦していきたいという気持ちが高まりました。

 

 

 

 

 

 

2020年12月19日 (土)

初ボーナスで買ったマウンテンバイクを復活!

就職した1年目、初ボーナスで思わず購入してしまったマウンテンバイク!何とあれから30年!それも驚きですが・・・

当時は先輩たちと山に行くと、登るだけでなく、これで未舗装の山道を下っていく遊びを楽しんでました。

 

たまの休みの息抜き、爽快感がたまらなく・・・

今でも、どこに行くよりも山に行きたいという体質になったのはそんな経験の積み重ね!

 

ただ仕事も忙しく、山もなかなかだったけど、もっとほったらかしにしていたのがこのマウンテンバイク・・・

Dsc_1387

特にこの10年は家の脇で風雨にさらされ、もう無理か? 廃自転車回収に出そうか? 

何度か思ったけど踏みとどまり・・・

 

購入当事、結構いいお値段だったこともあるけど、このまま捨ててしまうのもしのびなく・・・

思い切って泉大津駅前アルザ通りにある自転車屋・コカドサイクルさんに相談。

 

「フレームはしっかりしているから何とかなるでしょう」と、うれしい言葉をもらい、選挙もあるから急ぎませんからとお願いし・・・

中古の部品もフル活用してくれ、タイヤもチェーンも変則も全部ダメだったのを復活させてもらいました。

安いママチャリが買えるくらいはかかったけど・・・

 

すごい快適に走行できるようになり、感謝感激です。

せっかくなので前輪の黄色の所は自分で塗りました。

 

復活出来て、これからは山だけでなく、街乗りも出来るよう仕事のかばんはリュックタイプに変更です!

 

2020年9月27日 (日)

25年ぶりの3000m峰へ…御嶽山は6年前の今日噴火!

今年の夏の私の最大の出来事は・・・御嶽山へ行ったこと。

梅雨明けしたすぐの休みの日が、お天気☀ 良さそうと!

 

何で御嶽山かというと、6年前のあの大噴火・・・今年、山頂への立ち入り禁止が解除になったとニュースで知って!

実は噴火の前に、次に山に行くなら御嶽に行こうと思ってました。

 

ロープウェイを使えば3000m峰に久しぶりに行けるのでと思っていたらあの噴火・・・

ちょっと衝撃でした。自分も巻き込まれていたかもと・・・

 

慰霊登山というとおこがましいけど、解禁になった今こそ行きたいと・・・

コロナもあってロープウェイは?山小屋は?どうしようかと悩んだ末、岐阜県側の濁河温泉からなら日帰りで行けるだろうと・・・

 

前日は夕方から寝て、午後10時に家を出て・・・4時半過ぎ、まだ暗かったけど明けて来たので登山口を出発!

Img_20200914_224821 

森林限界超えまでは息があがりましたが、その後は見えたピークの山に元気をもらい、まず飛騨山頂へ・・・ここまで3時間半以上。

五ノ池小屋はおしゃれでびっくり、池と摩利支天山に続く山が美しすぎ!

 

ここからは稜線伝っての気持ちのいい山歩き・・・

Img_20200914_225002

美しすぎる三ノ池を見ながら進み、いよいよ御嶽山を目の当たりに、ただそこに続く道もなかなか・・・

山頂目前の二ノ池前に・・・池はまだ火山灰で真っ白に埋まっていました。

Img_20200914_225459

直下にシェルターも出来て、解禁になったのかと・・・慰霊の碑もあり、手を合わせ・・・

山頂の3067m、25年ぶりに自分の足で3000m峰に来れたのがうれしくなって、疲れも吹っ飛びました。

 

修験道の人や登山の人もやっぱり多くて、山頂にはあまりいませんでしたが・・・来た道を戻りました。

Img_20200914_225649

せっかくここまで来たのでと摩利支天へも周って行き、ようやく五ノ池小屋小屋が見えてきて・・・

ただもうかなりふらふら・・・小屋にノンアルがあると聞いて、たまらず購入、この景色を見てのノンアルは人生最高のうまさでした。

 

ここからさらに3時間下って、濁河温泉まで何とか下山。

歩くのが遅いのと、休憩が長くて、12時間半・・・長かった。

近くの山もいいけど、景色、世界がやっぱり違いました。

 

今日はテレビでも御岳山噴火から6年のニュースが・・・

Dsc_0971

まだ見つかっていない方も5人いると聞き、胸が痛みます。二ノ池が青いのが見えました。

 

安全な登山をと願いつつ、この何年かでもいくつもの山で、台風後もそのまま危うい登山道が目に付きます。

多くの山で地元や山小屋のみなさんに管理をお願いしているのに、ちゃんと整備が配分されていない。登山文化、自然環境守る取り組みにもっと予算が必要です。

 

 

 

2020年8月22日 (土)

コロナと山小屋、登山を守る・・・しんぶん赤旗の主張!

8月10日山の日は「山に親しむ機会を得て、山の恩恵に感謝する」ことを趣旨に2016年に施行された・・・翌日のしんぶん赤旗の主張の冒頭書き出しの一文!

しかし、今シーズンは新型コロナの影響で、各地の山小屋の経営が悪化し、山小屋の維持だけでなく、登山をめぐる環境整備が出来なくなると・・・

 

登山者を泊めるというだけでなく、登山道の保守、管理から天候変化時の避難場所、遭難者の救助まで、登山の支えであるのに、個人の努力、事業者に多くを委ねられている問題で・・・

公的支援の拡充が必要・・・この間のしんぶん赤旗1面に小さい記事ですが、7回にわたり「登山守る」の特集!

Dsc_0784

美しい景色とともに、山小屋の仕事、自然環境を守る取り組みが写真付きで紹介されていました。

 

20代の頃、毎年夏は南アルプス中心に仲間と歩いていました。

それはかけがえのない時間で、忘れられないものですが、それを想い出として終わらせたくない・・・

 

子育て仕事と忙しく、体力も自信がなくなってきて、しばらく高い山からは遠ざかっていましたが、もう一度という思いが最近は強くなっています。

まだ元気で出来る時に出来る事を・・・富士山にも行った事ないし、1度は生きてる間にとふと思ったのがきっかけです。

 

金剛山など近場の山に時間あると出かけたりしますが・・・

あの台風21号の後、通行が厳しい箇所もルートによってはあって・・・一度間違えてとんでもない悪路を行ったことも!

その時に出会った青年がスマホでGPS付きの地図で、さっそく自分も導入し、それからは自分の位置が分かり、地図の読み間違えもなくなりました。

 

それでも地図にはあるのに、ちょっと大変な登山道に出くわしたことも・・・

ただ、そうした登山道を維持管理しているのは地元などのみなさんで・・・そのおかげでと実感します。

 

そうした活動をどこでも安心して行うことが出来るように、公的支援を強める必要があります。

貴重な自然環境を享受し、引き継いでいくことができるために・・・

 

山が大好きな者の一人としても切に願い、こうした視点もしっかりと伝えるしんぶん赤旗の報道に元気をもらいました。

2019年5月 5日 (日)

湖南アルプスへ!鶏冠山~天狗岩~龍王山

GWの後半は実家の愛知へ・・・母にお礼と父の墓前に当選の報告❗

その前に滋賀県で寄り道して、久しぶりの山行に・・・この1年は日帰りでも山にも行けてなく。

 

人気の「湖南アルプス」にはじめて行って来ました。

朝5時半に家を出て、8時前には麓の上桐生の駐車場に車を停めて出発。(有料だけど駐車場は広くて安心

まずは落ケ滝へ。登山道からすぐで道を外れて行くけど、行ってみるとなかなか良い感じ・・・

そこからは直登せず、少し戻って北谷線から北峰縦走線を登って、尾根に出てからは気持ちよく歩け・・・

途中の見晴らしの良いところからは近江富士(二上山)が見えて、「鶏冠山」490.9mの山頂へ❗

Dsc_4407

ところが予想に反して、木々の覆われ見通しはよくなく、あまりこちらに人が来ない理由が分かりました。

 

そこからは尾根伝いにアップダウンし、天狗岩方面に・・・

途中からはアルプスと言われる由縁の岩場や巨岩がいっぱい・・・

天狗岩が見え、近くなって来ると、人が頂上に登っているのが見え、あそこまで行けるのかと・・・

Dsc_4436

ずっと見晴らしも良く、楽しい歩きが続き・・・

途中にはロープなどが何箇所も設置されていて、時にはよじ登る感じで、「天狗岩」頂上に❗

Dsc_4453

この写真は天狗岩から少し行った耳岩というところの巨石の上から・・・

登りより下りの方が、すべり落ちそうで慎重に・・・

 

さらにそこから「龍王山」604.7メートルの山頂までを縦走。

Dsc_4463

その途中も新緑の中を気持ちよく歩けましたが、この山頂も残念ながら見晴らしはゼロ・・・

そこから少し戻って、昼食・・・山では何でかチキンラーメンが定番で、家で食べるより豪華にして・・・

Dsc_4471

ゆで卵と焼き豚も切って持参、乾燥野菜とねぎ入り・・・

 

昼食後は、天狗岩線の谷沿いルートを一気に降りました。

びっくりするほどの岩場もあって、ロープがなければとても無理なほどの場所も・・・

子どもはズリズリ、尻もちついて・・・

 

途中からは沢伝いで、ここはミストな感じで気持ちよく・・・

それほど高い山ではないけど、変化にとんだ良いコースでした。

ただ、スニーカーにジーパンなど、あまりに気軽な感じで来ている人も目立って心配になりました。

 

昔は寺社仏閣の柱や燃料に木が切られ続け、麓あたりは禿山だったそうです。

大雨の度に鉄砲水が出て、多くの被害を出していたのを、治水事業や地元の人たちの努力で、緑いっぱいの山によみがえらせたとありました。

最後の駐車場に向かうまでは、川辺で多くの家族、子ども達が遊んでいて、すばらしい憩いの場に・・・

自然を壊すのも活かすのも人間次第という事にも気付かされた一日になりました‼

フォト
2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ